読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫の手を借りてステップ

たゆたう海月の日々あれこれ

粘液の中で呼吸する

年末年始にかけて、とことん不安になってとことん脳内ヒステリーを起こしていたところ、気が済んだのかここ数日浮上してきました。たぶん同じことを考え続けることに飽きて。なんかもう…まぁいっか、という感じ。

じっとしているのが怖い感覚があって、あっち行ったりこっち行ったりいろんなこと始めてみたり、落ち着きはないけれど気はまぎれる。ごろごろしながらスマートフォンを握りしめていると確実に穴に落ちるので、そういう時間を作らないように気を付けています。前はあまりに体力が無くて、仕事から帰ったらベッドから出られない体たらくであったので、そこはだいぶ付いてきたかなと思う。落ち着きがない話の流れで最近ものすごく運動してます。

 

近々有村さんのソロの方のライヴなので、プリン髪も直して、きちんとせねばー

ソロアルバムは本当にプラから有村竜太朗を抽出しました!という味わいだなぁと思う。改めて、プラって4人の色が混ざってあの音なんだなぁって。安心もして、でも中にはプラで聴きたかったと強く思う曲もあって、難しい。

やっぱりプラは特別。(結論がうまく出なかっただけです)