猫の手を借りてステップ

たゆたう海月の日々あれこれ

でも

有村竜太朗初めてのソロライヴに行ってきた。

 

いつも思うことだけど、改めて、生で観て聴いてこそ映えるひとだなと思う。歌唱力があるほうでもないし、歌詞飛んじゃうし、好みの別れる声だし、歌をうたうだけの人ならあんまり上手じゃないかもしれない。でも演者としてそこに居るときの、佇まいがあまりにも独特。あの空気感が出せるひとはいない。有村竜太朗さんに惹かれるなら、ぜひあれをみてほしいなぁ。本当に酔う感じがするの。うまく言えないけど。

何でもそりゃあライヴがいいに決まってる!かというとそうでもないなと思うことがある。音源の方がいいとまでは言わずとも、ライヴで見る良さがわからなかったり。だもんで、今日は特にそう思って観てました。

 

アコースティック聴いてる時は凡庸みたいだなと思ってのんびりしていたのだけど、デモンストレーションずが出てきてからのかっこよさに圧倒された。なにあれずるい。プラだと、音の中である位置を占めて漂っている印象のボーカルが、今日は音の洪水の合間からあの柔らかな声がすり抜けてくるようで、とても新鮮だった。あとはずっと凡庸行ってないから久しぶりのヒロさんで、彼のコーラスの親和性がとても好きなので聴けて嬉しかったです。あの魚座AB型コンビの関係も好き。

 

ソロ活動は今後も継続するのかしらどうかしら。

実験ということで見られて良かったなぁと思いつつ、動向が気になるところ。

やっぱりプラが好きだよー、と、めんどくさいことを言っておきます。