猫の手を借りてステップ

たゆたう海月の日々あれこれ

縫い目の破たん

20代が後半になった頃、自分はきっと30になれば気が楽になると思っていた。実際なってみると、しがみつけるものもなく言い訳もできず、変わらない幼さを指摘され、生きているのがより辛い。しんどい。マジか。なんかもう頭も悪くなっちゃうよね。もともとよくないけど。

気付いたのは、なにかしら自分というものに因ったなにかを持てる気でいたのだなぁということ。研けば使えたものも無くはなかったのかもしれないけれど、けっきょくダラダラ生きてきて持ち駒などなにもない。ことばも、身体も、なに一つ専門的には扱えない。